Chapter 773 男性の女性化現象

夜明け前の真暗闇が、女性の男性化現象であるなら、真暗闇で啼く梟が、男性の女性化現象の象徴であります。
梟も夜明けと共に、その姿を自ら隠します。
“男性が弱くなったから、女性が強くならざるを得なかった”
明らかな妄想です。
生き物の社会は本来メス社会なのです。
だからメスが子供を産むのです。
姓名の姓とは、女偏に生れる旁なのに、姓は男性の姓を名乗るようになってしまった。
男性は所詮、真暗闇の中の梟であります。
真暗闇に包まれた中でしか生きることができないのです。
包み込むことが女性の本質であり、女性らしさであります。
潔さが男性の本質であり、男性らしさであります。
真暗闇に包まれてしか存在できない梟が男性です。
真暗闇は子宮を象徴しています。
浦島太郎で有名な竜宮城は子宮を象徴していて、浦島太郎は男性の性器を象徴しています。
梟は真暗闇の中でも目が見えます。
真暗闇の中でも手探りできるのです。
手探りする先に登竜門という竜宮城の門があります。
竜宮城の門こそが子宮の門であり処女膜に外なりません。
竜宮城を往来するために浦島太郎は、手探りで竜宮城の門を探します。
梟が真暗闇の中で、「オウル!オウル!オウル!」と啼くのは、登竜門を手探りする時に発する音なのです。
千夜一夜物語で有名な、「開け!ゴマ!」とは、梟が啼く「オウル!オウル!オウル!」の吹き替えであります。
イスラム教の教典であるコーランは旧約聖書に基づいていて、先祖はやはりアダムとイヴで、禁断の実を食べてエデンの園を追放される二人に神が宣告します。
「落ちて行け!お互い同士、敵となれ!お前たちには地上に仮の宿と儚い一時の楽しみがあろう!」
イスラム教の厳格な教えを凝縮した言葉であります。
「性(セックス)は二人の男女間のものでなくてはならない。女性が複数の男性と交わることは神が許さない」
イスラム世界が女性の純潔を最も大事にする所以です。
現代日本社会での竜宮城の門は完全開放されています。
「開け!ゴマ!」と呪文を唱える必要などまったくなく、竜宮城の門を自由に通過することができるのです。
登竜門ではなくなっているのですから、竜宮城ではないのです。
焼け爛れた大空襲のあとの東京が、現代日本女性の竜宮城の成れの果てであります。
男性が女性化した最大の理由は、登竜門が完全開放され、竜宮城が焼け野原に成り果てたからであります。
フリーセックスの権化のような国、アメリカの若い女性はそのことに気づきはじめ、純潔意識を高めている。
昨今の日本の若い女性が異星人のように見えるのは、竜宮城の住人ではないからでしょうか。
昨今の日本の男性が女性化している根源には、日本人女性の純潔意識の欠如があり、更にその背景には、アメリカから強制輸入された男女同権の妄想思想が潜んでいるのであります。
竜宮城から戻ってきた浦島太郎が、乙姫様からもらった玉手箱を開けても、歳をとらないのは、竜宮城が夢のような世界でなくなったからでしょうか。