新 田  論 作 品 の E-book 版 紹 介

文明の進化へ

宇宙のしくみにそった人間社会

A work that proposes a way to a human society without discrimination, absurdity and war.
Human society according to the structure of the universe;subtitle:To the evolution of civilization;Series name:Anthropology of Nitta's theory

はじめに

人類の歴史は、これまで人間社会だけに限った歴史であって、人間を包摂する人類の歴史は、これまで人間社会だけに限った歴史であって、人間を包摂する自然、更には地球、太陽系、銀河系・・・といった宇宙を貫いた歴史の中で語ってきた例はありません。

宇宙の歴史を鳥瞰する中で人間の歴史を検証してみることでしか、人類の真の歴史を語ることはできない筈なのに・・・そういった紆余曲折の人間の歴史の中で、多くの国が誕生・消滅を繰り返してきました。

日本という国が今後とも存在している保証はありません。

多くの国が消滅してきたことは過去の歴史が証明しています。

二十世紀で最も長く多くの悲劇を生んだ冷戦において、一方の主役だったソ連という国が消滅したのを筆頭に、ユーゴスラビア、チェコスロバキア、東ドイツ・・・と東側諸国の多くが消滅しました。

国家は消滅しても、そこに生きている国民(民衆)は決して消滅しません。

ソ連国民がロシア国民やウクライナ国民になり、ユーゴスラビア国民がセルビア国民やボスニア国民やマケドニア国民になり、チェコスロバキア国民がチェコ国民とスロバキア国民になり、東ドイツ国民がドイツ国民になっただけのことであります。

国(国家)というものは、まるで幻想のようなものなのです。

では国家の誕生・消滅のきっかけは何なのでしょうか。

戦争が国家誕生・消滅の一番大きなきっかけであったことは、古代におけるアテネとの戦(トロイ戦争)に敗北したトロイの国が消滅したのをはじめに、二十世紀における二度の世界大戦と冷戦が証明しています。

トロイ戦争で勝利を収めたアテネの王・アガメムノンは強欲残虐でしたが、彼にはアキレスという義の勇者がついていたのに対し、消滅したトロイの王・プリアモスにはヘクトルという賢者の息子がいたにも拘わらず、アポロン神を盲信するあまり、ヘクトルの意見よりも、祭司の言うことを聞いた結果、国を消滅させてしまうのです。

第一次世界大戦でひどい目に遭ったドイツ国民は、ヒットラーという救世主の登場に過剰な期待をした結果、国家の消滅を招きました。

アキレスにしても、ヒットラーにしても、従来の常識では推し量れない人物、つまり、「新しい人間」であったわけです。

「新しい人間」が登場する時期に、国(国家)が誕生・消滅する。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の狭間で国(国家)の誕生・消滅が起こり、冷戦が終焉する中でやはり国(国家)の誕生・消滅が起こりました。

二十一世紀においても、「新しい人間」の登場によって、国(国家)の誕生・消滅が起こることは必定であり、その中で生き残っていく国(国家)は、何を為すべきなのかが問われます。

仮に生き残ったとしても、それらの国もやはり新しい国(国家)に変貌しているであろうことは予想に難くありません。

日本という国(国家)も、新しい国(国家)に変貌していなければ、国(国家)の消滅から免れることは叶いません。

その生き残り対策を「宇宙のしくみにそった人間社会」による「文明の進化」として提案してみたいと思っております。

              新 田  論

 

 

1章 「新しい猿」人類

我々人類の祖先は猿だと言われています。

500万年前に、猿が人類の祖先である猿人(アウストラロピテクス)に進化し、50万年前に、猿人(アウストラロピテクス)が北京原人やジャワ原人で有名な二本足動物としての原人(ホモ・エレクトゥス)に進化し、10数万年前に、原人(ホモ・エレクトゥス)がネアンデルタール人で有名な旧人に進化し、1万数千年前に、旧人がクロマニヨン人で代表される新人に進化し、我々人間の祖先である古代の人間・中世の人間・近代の人間そして現代の人間へと引き継がれていくわけです。

では、いつ、どこで、どんな風に、猿から猿人(アウストラロピテクス)に、猿人(アウストラロピテクス)から原人(ホモ・エレクトゥス)に、原人(ホモ・エレクトゥス)から旧人に、旧人から新人に、新人から古代の人間に、古代の人間から中世の人間に、中世の人間から近代の人間に、そして、近代の人間から現代の人間にバトンタッチされたのでしょうか。

息子よ!わたしは近代の人間だが、息子のお前からは現代の人間だ!

息子よ!わたしは中世の人間だが、息子のお前からは近代の人間だ!

息子よ!わたしは古代の人間だが、息子のお前からは中世の人間だ!

息子よ!わたしは新人だが、息子のお前からは古代の人間だ!

息子よ!わたしは旧人だが、息子のお前からは新人だ!

息子よ!わたしは原人(ホモ・エレクトゥス)だが、息子のお前からは旧人だ!

息子よ!わたしは猿人(アウストラロピテクス)だが、息子のお前からは原人(ホモ・エレクトゥス)だ!

息子よ!わたしは猿だが、息子のお前からは猿人(アウストラロピテクス)だ!

ある時、ある場所で、こんな風に猿から猿人(アウストラロピテクス)にバトンタッチされたとは到底思えません。

何世代にも渡って、気がつかないうちに少しずつ、猿の特性が消失していくと同時に、人類の特性が出現して、何時の間にか気づかないうちに、人類になっていた筈であり、しかも、猿がすべて進化したら、猿は現存していなかった筈ですが、現に今でも、猿は存在しているのですから、猿から人類への進化は一部の猿だけに起こった筈であり、彼らは他の猿とは違った「新しい猿」だったわけです。

進化とはそのようなものであり、人類が人間に進化した経緯もそのようなものであったでしょう。

従って、人類から人間への進化も一部で起こっただけで、今でも、人類は現存している筈なのに、何処にも見当たらないのは、人類がすべて人間に進化したと言うのでしょうか。

そんなことは絶対にない筈です。

猿と人類の間に起こったことは、人類と人間の間でも必ず起こった筈であり、延いては、猿から哺乳類、爬虫類、両生類、魚類、有機多細胞生命体、無機単細胞生命体へと遡っていき、更には、地球の誕生、太陽の誕生、銀河星雲の誕生、宇宙の誕生へと繋がっている筈であると同時に、猿人(アウストラロピテクス)から原人(ホモ・エレクトゥス)、旧人、新人、そして人間である古代の人間、中世の人間、近代の人間、更に、我々現代人へと引き繋がれている筈であります。

「新しい種」が節目ごとに出現してきた筈で、「古い種」と「新しい種」とが混在しながら、何時の間にか、「新しい種」が主体になっていくが、「古い種」も必ず存在するのが、進化というものの実体なのであります。

人間社会と一緒に猿社会が存在しているように、現代人間社会にも、あらゆる「古い種」である、古代の人間も、中世の人間も、近代の人間も存在しておるわけです。

 

 

2章 天皇家の先祖

日本の天皇家は第125代を誇る「万世一系」の血筋と言われ、その先祖の数は、それぞれに二人の父母によって生まれた筈ですから、2125という天文学的数字になります。

二人の人間である父母は四人の人間である祖父母によって生まれ、四人の人間である祖父母は八人の人間である曾祖父母によって生まれ、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10代遡ったら2101,024人の人間の先祖がいる筈です。

20代遡ったら2201,048,576104万(まん)8,576人の人間の先祖がいる筈です。

30代遡ったら2301,073,741,82410億(おく)7,374万(万)1,824人の人間の先祖がいる筈です。

40代遡ったら2401,099,511,627,7761兆(ちょう)0995億(おく)1,162万(まん)7,776人の先祖がいる筈です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100代遡ったら21001,267,650,600,228,238,993,037,566,410,752126穣(じょう)7,650杼(じょ)6,002垓(がい)2,823京(けい)8,993兆(ちょう)0375億(おく)6,641万(まん)0752人の先祖がいる筈です。

125代を誇る万世一系の血筋と言われている日本の天皇家ですが、直系では76代になります。

従って、76代遡ったら27675,557,863,725,914,406,838,272755垓(がい)5,786京(けい)3,725兆(ちょう)9,144億(おく)0683万(まん)8,272人の先祖が天皇家にはいる筈です。

 

ところが、地球上にいた人類の数は、

29万年前で100万人であります。

つまり、2201,048,576104万(まん)8,576人の時期であります。

1万年前で500万人であります。

つまり、2224,194,304419万(まん)4,304人と、2238,388,608838万(まん)8,608人の間の時期であります。

紀元前4,000年でようやく8,700万人になります。

つまり、22667,108,8646,710万(まん)8,864人と、227134,217,72813,421万(まん)7,728人の間の時期であります。

紀元0年で3億人。

つまり、228268,435,45626,843万(まん)5,456人と229536,870,91253,687万(まん)912人の間の時期であります。

紀元1500年で43,000万人。

つまり、228268,435,45626,843万(まん)5,456人と229536,870,91253,687万(まん)912人の間の時期であり、紀元0年から紀元1500年まで「新しい種(人間)」が登場する節目がまったくなかったことになります。

人口の爆発的増加を果たした紀元2000年でも63億人です。

つまり、2324,294,967,29642億(おく)9,496万(まん)7,296人と、2338,589,934,59285億(おく)8,993万(まん)4,592人の間の時期であります。

初代神武天皇が即位した紀元前660年当時では、地球の総人口はせいぜい2億人程度ですから、人間としての子供と父母の関係では、76代も続く家系など起こり得ません。

  

 

3章 人類の先祖

二十世紀末における人間の数は61億であり、現在(2007年)の地球上に存在する人間の数は65億を超えました。

30代遡ったら2301,073,741,82410億(おく)7,374万(まん)1,824人の人間の先祖がいる筈です。

31代遡ったら2312,147,483,64821億(おく)4,748万(まん)3,648人の人間の先祖がいる筈です。

32代遡ったら2324,294,967,29642億(おく)9,496万(まん)7,296人の人間の先祖がいる筈です。

33代遡ったら2338,589,934,59285億(おく)8,993万(まん)4,592人の人間の先祖がいる筈です。

従って、人類の先祖は32代から19代の原人(ホモ・エレクトゥス)まで14代までしか遡ることはできず、15代の先祖は人類ではなく猿人(アウストラロピテクス)になります。

四本足の猿人(アウストラロピテクス)から二本足の原人(ホモ・エレクトゥス)になった進化のバトンタッチが14代目の先祖で起こった50万年前の出来事なのです。

二十一世紀中には地球上に存在する人間の数は100億を超えると予測されています。

34代遡ったら23417,179,869,184171億(おく)7,986万(まん)9,184人の人間の先祖がいる筈です。

従って、二十一世紀中には人類の先祖は15代まで遡ることができるようになる筈です。

つまり、33代目の新人類が登場するかどうかの分岐点が二十一世紀ということになります。

現在(2007年)における人類の数は65億を超えました。

32代目の誕生は、人口が2324,294,967,29642億(おく)9,496万(まん)7,296人を超えた時期であります。

33代目の誕生は、人口が2338,589,934,59285億(おく)8,993万(まん)4,592人を超えた時期であります。

従って、我々現代人は第14代目の人類ということになります。

一方、人類の黎明期は50万年前の二本足原人(ホモ・エレクトゥス)であり、それ以前は人類ではなく猿人(アウストラロピテクス)であります。

他方、原人(ホモ・エレクトゥス)の中から突然変異種として第20代人類である旧人が出現しました。

20代目の誕生は、人口が2201,048,576104万(まん)8,576人を超えた時期です。

従って、人類の歴史は、50万年前の原人(ホモ・エレクトゥス)から現代人までであり、その間に第19代人類から第32代人類までの進化を辿っていることになります。

つまり、人類の進化は、50万年間に14代の進化をしたわけであり、一方、生命体としての進化は、36億年前から50万年前の間に18代の進化をしたことになります。

つまり、46億年前に地球が誕生し、36億年前に地球の中に生命体が誕生して以来の歴史が201個の単細胞生命体と2324,294,967,29642億(おく)9,496万(まん)7,296人の人間の間に圧縮されているのであります。

母親の胎内で受精した新しい命が、十月十日の間に単細胞生命体から人間の赤ん坊まで進化する様は、まさに、20から232までの生命体の進化過程を再現しているのであり、それは、人類の先祖を走馬灯のように映し出しているのであります。

  

 

4章 万物の先祖

われわれ人間の歴史を、人類の歴史の一ページとして検証し、更に生命体の歴史の一ページとして検証し、更に宇宙の歴史の一ページとして検証すると、年数ではなく節目の代替わりが極めて重要であることがわかってきます。

人類の数が激増するということは、節目の代替わりが多くなるということに外ならず、変化の激しい、激動の時代に入るということに外なりません。
節目の代替わりに新人類が誕生する。
我々人間の歴史観は、所詮勝利者(支配者)の都合だけの薄っぺらな歴史観に過ぎません。

人類の進化は、50万年間に14代の進化をした。
先に述べました、地球の中の一生命体としての歴史観を持つことが極めて大事であるわけですが、ただそれだけでも事足りない。

宇宙の中の一構成要素としての人類の歴史観でなければなりません。

宇宙の進化は、138億年前のビッグバンによる宇宙誕生から50万年前の地球に人類が誕生した間に、18代の進化をしたことになります。
138億年前にビッグバンが起こり、宇宙が誕生し、50億年前に太陽が誕生し、46億年前に地球が誕生し、36億年前に地球の中に生命体が誕生して以来の歴史が201個の宇宙から2324,294,967,29642億(おく)9,496万(まん)7,296人の人間の間に圧縮されているわけです。

無限宇宙からビッグバンによって有限宇宙が誕生したのです。

「無」の世界から「有」の世界の誕生であります。

つまり、1020です。
以後、2n、つまり、2021222324・・・と進化してきました。
ビッグバンが1020です。
ビッグバン直後、1044乗分の1秒後に重力が唯一の力から分化したのが21です。
ビッグバン直後、1036乗分の1秒後に強い力が唯一の力から分化したのが22です。
ビッグバン直後、1011乗分の1秒後に電気の力と弱い力が唯一の力から分化したのが22です。
ビッグバン直後、100分の1秒後にX粒子の正物質と反物質が対消滅して光が発生、光の海の宇宙が誕生したのが23です。(電子・陽子・中性子の宇宙誕生)
ビッグバン直後、346秒後に水素とヘリウムの原子核の結合が始まったのが24です。(原子の宇宙誕生)
ビッグバン直後、3440秒後に水素ガスとヘリウムガスの宇宙が誕生したのが25です。(分子の宇宙誕生)
ビッグバンの100万年~10億年後、水素ガスやヘリウムガスの塊の原始銀河(星雲)宇宙が誕生したのが26です。(プラズマ・気体の星雲宇宙誕生)
ビッグバンの50億年後、星の誕生が27です。(気体の星宇宙誕生)
ビッグバンの87億年後、つまり、今から50億年前、太陽の誕生が27です。(恒星宇宙の誕生)
ビッグバンの91億年後、つまり、今から46億年前、地球・月の誕生が28です。(気体・液体・固体三態の惑星・衛星系宇宙誕生)
ビッグバンの101億年後、つまり、今から36億年前、地球に生命体が誕生したのが29です。(単細胞生命体の誕生)
ビッグバンの129億年後、つまり、今から8億年前、地球に有機生命体が誕生したのが210です。(動物の誕生)
ビッグバンの131億年後、つまり、今から6億年前、有機生命体の爆発的進化が起こったのが210です。(進化の開始)
ビッグバンの132億年後、つまり、今から5億年前、海に魚類が出現したのが211です。
ビッグバンの133億年後、つまり、今から4億年前、陸に植物が出現したのが212です。
ビッグバンの134億年後、つまり、今から3億年前、海陸に両生類が出現したのが213です。
ビッグバンの135億年後、つまり、今から2億年前、爬虫類が出現したのが214です。
恐竜が出現、絶滅したのが214です。
今から65百万年前、原始哺乳類が出現したのが215です。
今から34百万年前、原始哺乳類が絶滅、現哺乳類が出現したのが216です。
今から24百万年前、霊長類(類人猿)が出現したのが217です。
今から500万年前、人類の祖先(猿人)が出現したのが218です。
今から180万年前、猿人から原人が出現したのが219です。
今から50万年前、原人が隆盛したのが219です。
今から30万年前、旧人が出現したのが220です。
今から13万年前、原人が衰退、旧人が隆盛したのが220です。
今から3万年前、人間の祖先(新人)の出現したのが221です。
今から13千年前、旧人が衰退、新人が隆盛したのが222です。
そして紀元前10000年、人類文明が誕生したのが222であり、現代の232に至ります。
人間のメスが、受精というビッグバンによって、十月十日(280日)という妊娠期間中に、「無」から「有」の進化を遂げ、新しい生命の進化を再現するわけです。

 

無限宇宙からビッグバンによって有限宇宙が誕生した。
10 1が唯一の力です。
20 1が重力です。
224が重力・強い力・弱い力・電気の力です。
238が素粒子(電子・陽子・中性子)の誕生です。
2416が原子の誕生です。
2532が分子の誕生です。
2664が原始銀河(星雲)宇宙の誕生、つまり、宇宙の誕生です。
27128が星(太陽)の誕生です。
28256が惑星・衛星(地球と月)の誕生です。
29512が生命体の誕生です。
2101,024が有機生命体の誕生です。
2112,048が魚類の出現です。
2124,096が植物の出現です。
2138,192が陸上動物(両生類)の出現です。
21416,384が爬虫類の出現です。
21532,768が原始哺乳類の出現です。
21665,536が現哺乳類の出現です。
217131,072が霊長類(類人猿)の出現です。
218262,144が人類の祖先(猿人)の出現です。
219524,288が原人の出現と隆盛です。
2201,048,576が旧人の出現と隆盛です。
2212,097,152が新人の出現と隆盛です。
2224,194,304が人類文明の誕生です。
2238,388,608が共同(人間)社会の誕生です。
22416,777,216が利益(人間)社会の誕生です。
22533,554,432が利益社会=農耕型社会の隆盛です。
22667,108,864が古代文明の誕生です。
227134,217,728が第一の軸の時代の登場です。
228268,435,456が救世主の登場です。
229536,870,912が近代社会の登場です。
2301,073,741,824が現代科学文明の登場です。
2312,147,483,648が大戦争(集団共食い)社会の登場です。
2324,294,967,296が情報化(超拝金主義)社会の登場です。
宇宙の生誕から人類の進化までを貫いた万物の歴史観であります。

 

 

 

 目 次

第5章 本当の世界

第6章 国(国家)の消滅

第7章 誕生・生・死の実相

第8章 進化

第9章 錯覚症状の亢進

第10章 幻の新しい世界観

第11章 新しい世界(四つの可能性)

第12章 「軸の時代」の意味

第13章 天国か地獄の時代

第14章 集合意識

第15章 集合意識の進化

第16章 個別意識と集合意識の関係

第17章 「組織の時代」から「個人の時代」へ

第19章 相対進化論から絶対進化論へ

第20章 絶滅の危機か更なる進化か

第21章 絶滅の危機を食い止める方策

第22章 肝腎な人間とは

第23章 「新しい人間」の選定基準は“勇気ある知性”

第24章 「新しい人間」の判断基準(1)

第25章 「新しい人間」の判断基準(2)

第26章 「新しい人間」の判断基準(3)

第27章 科学からの脱却

第28章 「新しい社会」とは女性社会

第29章 女性社会の本質

第30章 拝金主義と超拝金主義

第31章 新しい軸の時代

第32章 「超」の世界

第33章 真の進化

第34章 「新しい社会」の主人公

第35章 受身的な宗教・科学

第36章 新しい聖職

第37章 想像的(受身的=発見的)な社会

第38章 新しい時代のパラダイム

第39章 “近代(現代)”から“新代”

第40章 “新代”の常識

第41章 「新しい猿」と「旧い猿」

第42章 新しい「地動説」=「自動説」

第43章 「旧い人間」の決定的な錯覚

第44章 「自動説」

第45章 「自動説」=絶対客観説

第46章 「暗黒の中世」から「錯覚の近代(現代)」

第47章 「錯覚の近代(現代)」から「覚醒の新代」

第48章 「(猿)芝居の近代(現代)」から「鑑賞の新代」

第49章 「新しい人間」=鑑賞人間

第50章 鑑賞者と鑑賞されるもの

第51章 新しい考え方

第52章 「新代」のキーワード 75

第53章 「新代」の「時間」と「空間」

第54章 「新代」は高度自由社会

第55章 『死』の問題解決の第一歩

第56章 よく生きること、よく死ぬこと

第57章 真の友達

第58章 死という約束事

第59章 はじめに死に方ありき

第60章 死期の知り方

第61章 寿命

第62章 バランスの取れていない近代社会

第63章 自ら命を絶つ権利

第64章 すべて間違っている人間

第65章 すべて自分独りで決める人生

第66章 突然の死 vs. 納得の死

第67章 怖くない死

第68章 本当の生=死

第69章 死の実相(1)

第70章 死の実相(2)

第71章 死の実相(3)

第72章 目覚めよ!人間!

第73章 死を怖れる理由

第74章 先伸ばしの人生

第75章 真の自由=死からの自由

 

 

第76章 死への誘い

死とは人生における唯一の約束事であり、最後の祝い事であり、永遠の安寧であります。

死以外の約束事など何ひとつありません。

死以外の祝い事はすべて一時的なものに過ぎません。

死の中に生がある所以です。

最後の祝い事であることこそ永遠の安寧であります。

始まりがあるものは、終わりがない。

始まりがないものは、終わりがある。

つまり、

始まりと終わりに永遠性がある所以がここにあるのです。

始まりがあるものは、終わりがある。

始まりがないものは、終わりがない。

つまり、

始まりと終わりに永遠性がない所以がここにあるのです。

我々人間だけが、死の概念を持ち、死を怖れる所以がここにあるのです。

最初と最後に永遠性があるということは、円回帰運動をしている証明であります。

最初と最後に永遠性がないということは、線往復運動をしている証明であります。

10のマイナス16乗センチメートルの素粒子ミクロ世界から138億光年の宇宙マクロ世界までの拡がりを持つとされている我々の“運動の光と音の宇宙”は円回帰運動をしています。

マイナス17乗の素粒子ミクロ世界からプラス17乗の宇宙マクロ世界。

138億分の1光年のミクロ世界から138億光年のマクロ世界。

これらを貫く“運動の光と音の宇宙”は円回帰運動をしています。

つまり、

始まりがあるものは、終わりがない。

始まりがないものは、終わりがある。

つまり、

最初と最後に永遠性がある円回帰運動をしている。

つまり、

死とは人生における唯一の約束事であり、最後の祝い事であり、永遠の安寧であります。

我々の人生は、最初の永遠性である誕生の時から最後の永遠性である死への誘いを受けて生きているのであります。

「宇宙のしくみにそった人間社会」-終わり-

 

 

おわりに

人類はとんでもないことをしでかしてしまったようです。

万物の霊長などと自画自賛したことが、天に唾する自殺行為になったのみならず、母なる大地・地球までも巻き込む大仕業を起こしてしまったのです。

母なる大地・地球は、いまあっちこっちで悲鳴をあげています。

地球温暖化などはまだ小さな問題で、これから起こるであろう自然現象は想像を絶するような災害を人間社会に及ぼすでしょう。

しかし、それを自然災害や天災などと口が裂けても言えません。

明らかに人間社会が惹き起こした人災なのです。

人類が創造した文明。

その文明に支えられた人類の歴史。

古代・中世・近代、そして、現代と辿ってきた文明の歴史の負の遺産が、いま一気に噴出そうとしているのです。

新しい時代がやって来るのか。

古代・中世・近代、現代の延長線上には、新しい時代はありません。

それまでの常識を破るから“宇宙のしくみ(structure of the universe)”と呼ばれるのです。

文明という常識を破った“新しいしくみにそった人間社会”、つまり、“宇宙のしくみにそった人間社会”こそが、未来のある人間社会を生み出す切り札になるのです。

今までの常識を見直すことが、本書の狙いでありました。

何度も読んで頂いて、「宇宙のしくみにそった人間社会」としての新しい常識を自分の身体に落とし込む一助になればとの思いで書き上げたつもりです。

                             新 田 論

 

 

下のリンクから各店舗の購入ページが開きますので、よろしくお願いします。

PDF版でDRM(Digital Rights Management)フリーです。ダウンロードすればすべてのパソコン・タブレット・スマホで読め、必要なページの紙コピーも可能です。



各販売店のページに「カスタマーレビュー」や「コメント」の投稿をお待ちしています


発刊済の本の名前を記載すれば即検索OKです。