新田論の自分学書

A self-study of Nitta's thesis

サブタイトル(Subtitle) :

錯覚の自分とは?(what is myself of illusion?)


人にはそれぞれの考え方があり、まったく同じ考え方を持った人間など自分以外に一人もいません。自分の考え方、自分の信念とは、一体いつどこで確立されたのでしょうか。

自分の考え方、信念を疑うことなく生きてきた人間に問題があったのです。

どうしたら自分の考え方、信念を疑ってかかることができるか。

“Double structured society of ruler and ruled, and succession and inheritance discriminatory system”, “the society with religion and science”, “life with anxiety, agony and finally fear of death” and “the society repeating discrimination, unfair and wars” which I asserted in my lifework shall be disappearing soon.

生きる意味を解く鍵とは、はじまりとおわりの意味を解く鍵と同じなのではないでしょうか?

まさに、

死(おわり)を知ったわれわれ人間の大人にとっての生きる意味とは、はじまりとおわりの意味を解くことに他ならないのです。

 


Isn't the key to solve the meaning of life the same as the key to clear the meaning of beginning and end?

Right

The meaning of life for our adults who know death (end) is nothing but solving the meaning of beginning and end.



発刊済の本の名前を記載すれば即検索OKです。