「宇宙のしくみ」にそった「人文科学」の案内

新田氏の講演会のYouTubは本当にびっくりする程多くの方々に視聴していただき、又多くの方々にチャンネル登録をして頂き、本当にありがとうございます。

2001年から執筆している著作物はこれまで出版出来ませんでした。彼の本の存在を知らないままに、YouTubeを視聴された方々からは「何故このような視点から世の中を見て語れるの?」と、不思議に思われた方から「執筆されている本が有れば読みたい」とのコメント頂いていました。

ここで語っている彼の話の根底には、21世紀の今、地球上に人間が存在している意味を問う人文科学書として、これまでの視点とは違う「宇宙のしくみ」をベースにした新田理論の下で、哲学・人間学・自分学・自分探し学書として、日本語版・英語版を150冊以上書き終えています。

その本を2017年夏よりE-Book版としての発刊を開始しています。

これまでAmazonと楽天ページで「電子書籍」として発売中です。でも各店の「商品説明」欄に書ける説明文よりもっと詳しい内容紹介も必要だと思い、このサイトに作成して公開しています。

印刷版としての発刊は無理ですが、PDF版としての希望でしたら、「お問い合わせ」ページより申し出てください。


新田論が、哲学や歴史を学ぶ意味について熱く語っています。

大昔から、人々がテーマにしている『人間とは何か』ということを知ることで、『自分とは何か』を学ぶ学問が「哲学」でした。


新田論の多岐にわたる作品群を

執筆年月の古い作品から電子書籍化を計ります


発刊本のシリーズ分け、サブタイトル設定の案内

新田論の本は、まさに人類(ホモ・サピエンス)として地球に存在している意味を、ひとり一人に問いかけている書であり、「新田論(にったさとし)」と決めたペンネームの意味こそが、「新」しい理「論」の元で書いた人文科学書です。

 

E-Book版としてシリーズ分けするにあたって、人文科学の分野別とは違いますがシリーズ名は、

1新田論の自分探し書、

2新田論の自分学書、

3新田論の人間学書、

4新田論の哲学書、

5新田論の一般書

と五つに分け。そのサブタイトルは、

1本当の自分へ、

2錯覚の自分とは?、

3文明の進化へ、

4人類の進化へ、

5小説・評論・詩集・随筆

に設定して発刊しています。

 

読みたい本を自分なりに探すには、下記の視点から自分に問いかけながら選別してください・。

1.宇宙のしくみに沿った自分探し書(=本当の自分探しへ)

2.宇宙のしくみに沿った自分学書(=錯覚の自分とは?)

3.宇宙のしくみに沿った人間学書(=文明の進化へ)

4.宇宙のしくみに沿った哲学書(人文じんもん科学書)(=人類の進化へ)

5.宇宙のしくみに沿った一般書(=小説・評論・詩集・随筆)

 

尚、このページには全ての本を各シリーズに分けして掲載しています。題名文字色が紺色はこのサイトの「詳細な内容紹介ページ」へのリンクを設定しているので、関心ある本をクリックしてお読みください。

そして、その本ページの最下部に「販売店ページとのリンク」も設定していますので、よろしくお願いします。

叉「オレンジ色の本」は作成作業中ですので、しばらくお待ちください。


1.宇宙のしくみに沿った自分探し書(=本当の自分探しへ)

新田論の自分探し書

A self-search book of Nitta's thesis

サブタイトル(Subtitle) : 本当の自分へ(To the real self)

現代の日本人にとって必読の生き方ガイドブック集です。シリーズ名を「自分探し書」に決め、私たちひとり一人が探し求めている「本当の自分へ」をサブタイトルにしました。

これまでも人文科学という哲学を科学的に学ぶ学問も有ったのですが、どうしても科学といえば、専門分野別の科学者は、それぞれの分野をさらに細分化して、そこだけの探求心に浸ってしまい、人々の生活に密着せず、自分だけの世界に陥ってしまったままです。

これまで、人間の科学が自然・宇宙の上に君臨することが出来たでしょうか。

宗教が自然・宇宙をも貫いた真理を説くことが出来たと言えるでしょうか。

わたしが「自分探しの本」を書いた動機は、この矛盾を何とか少しでも埋めたいと思ったからで、そのためにはまず自然・宇宙のしくみ、考えを知らなければならない、理解できなければならない、そして自然・宇宙は人間に何を期待しているのか、どんな使命を与えているのかを発見しなければなりません。

その発見の旅の地図として少しでも役に立てたらの想いでこのシリーズ本を書きました。

そして、自然・宇宙は人間に何を期待しているのか、どんな使命を与えているのかを発見しなければなりません。その発見の旅への案内役として少しでも役に立てたらの想いがこのシリーズ本です。

日本語・英語版含めて30冊近くのE-book化を進めます。

  • 心の旅の案内書PartⅠ
  • 心の旅の案内書PartⅡ
  • The guide book of spiritual journey Part II
  • 一期一会 100話
  • 一期一会(酉)の年 50話
  • 夢の中の眠り(VOLⅠ)
  • 夢の中の眠り(VOLⅡ)
  • 夢の中の眠り(VOLⅢ)
  • 夢の中の眠り(VOLⅣ)
  • 夢の中の眠り(VOLⅤ)
  • 日々是好日 好日1~300日目
  • 決断の日々 決断1~100日目
  • 実行の日々 実行1~100日目
  • 決別の日々決別1~100日目
  • 笑う日々笑う初日~100日目
  • 一刻千金の日々『今、ここ初日~100日目
  • 感動の日々感動初日~100日目
  • 今朝のお話 VOLⅠ   
  • 今朝のお話 VOL.Ⅱ
  • Daily discourse Vol.Ⅱ
  • 今朝のお話 VOL.Ⅲ
  • Daily Discourse Vol.Ⅲ
  • 今朝のお話 VOL.Ⅳ
  • Daily discourse Vol.Ⅳ
  • 今朝のお話 VOL.Ⅴ
  • Daily discourse Vol.Ⅴ
  • 逆手格言集1~500
  • 逆手格言集(実践編)
  • ある逸話


2.宇宙のしくみに沿った自分学書(=錯覚の自分とは?)

新田論の自分学書

A self-study of Nitta's thesis

サブタイトル(Subtitle) : 錯覚の自分とは?(what is myself of illusion?)

現代の日本人にとって必読の生き方のガイドブック集です。シリーズ名を「自分学書」として、「錯覚の自分とは?」をサブタイトルにしました。これを見て「ナンノコッチャー」と思われるはずです。

人間社会は15世紀から16世紀のころ、日本は戦国時代、西洋ではルネサンスの動きが始まり、人々は封権社会では束縛された時代から、近代の開放的で自由な時代えと変えた。つまり人間がより人間らしく生きることを目指して、みんなが一斉に立ちあがった時代へと変わるのですが、ところがその過程のどこかの時点から、「単純な二元論的な考え方」の生き方に一斉に変わってしまったのです。誰もこのことに気付けないまま、21世紀の今にいたってしまいました。その結果として、人間は自然をも支配しようとする不遜な考え方に至っているのですが・・・。ここまで読んでも「ナンノコッチャー」と思われるはずです。

このあたりの捉え方について、「錯覚の自分とは?」の実態を人間学として学べます。

著者曰く、わたしがここの本を書いた動機は、この矛盾を何とか少しでも埋めたいとの思いからで、そのためにはまず自然と宇宙のつながりをしっかり理解しなければいけない。そして自然・宇宙は人間に何を期待しているのか、どんな使命を与えているのかを発見しなければなりません。

人間ひとり一人が自分を疑ってかかったなら、人間ひとり一人が自分の考え方、信念を疑ってかかったなら、人間社会はどのように変わるでしょうか。

わたくしがライフワークとして主張しています、「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」、「宗教と科学の社会」、「悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖の人生」、そして、「差別・不条理・戦争を繰り返す社会」は消えてなくなるでしょう。

それでは、どうしたら自分の考え方、信念を疑ってかかることができるか。

それこそが、“新しい考え方”の基盤になるはずです。

日本語・英語版含めて40冊近くのE-book化を進めています。

  • 新しい考え方
  • Newly-born idea
  • 生きる意味
  • What is to live?
  • 眠るな!若者たち!  
  • Don’t be fast asleep! Japanese youngsters!
  • 目覚めよ!日本人!
  • いいかげんにしろ!日本人!
  • 国民の国民による国民のための歴史
  • History of peoples by peoples and for peoples
  • こころの琴線(死への誘い)
  • Heartstrings(Death program)
  • 自殺のすすめ
  • Recommendation of suicide
  • 貧乏のすすめ
  • Recommendation of poorness
  • 病気のすすめ
  • Recommendation of illness
  • 不幸のすすめ
  • Recommendation of unhappiness
  • 清貧な生き方(貧乏のすすめ)
  • How to live pure poverty life
  • 女のすすめ
  • Recommendation of woman
  • 悪のすすめ
  • Recommendation of evil
  • 愚のすすめ
  • Recommendation of fool
  • 弱のすすめ
  • Recommendation of weak
  • 地獄のすすめ
  • Recommendation of hell
  • 個人(奴隷)のすすめ
  • Recommendation of individual (slave)
  • 神の追放(悪魔のすすめ)
  • Purge of god(Recommendation of devil)
  • なぜ私たちは死を知ったのか(死の理解)
  • Why did men know about death(Understanding of death)
  • 知恵(経験)社会 
  • Wisdom Society(The Aging Society) 
  • 死(Death Program)
  • Death Program
  • 宴のあと  
  • After the banquet
  • いま貯蓄のない人でも一年で金持ちになれる!
  • Poor now can be rich in a year!
  • シンガポール崩壊
  • Singapore Crash
  • 死について
  • What is death

ここの本は現在発刊準備中ですので、しばらくお待ちください。


3.宇宙のしくみに沿った人間学書(=文明の進化へ)

新田論の人間学書

Anthropology of Nitta's theory

サブタイトル(Subtitle) : 文明の進化へ

To the evolution of civilization

上段にも書きましたが、21世紀の人間社会は人工知能(AI)時代に入るといわれ、騒がられています。これは人間社会の文明が進化した結果「人工知能(AI)時代に入る」訳ですが、これまでの文明の進化の捉え方とは大きく違うようで「人間そのものの存在価値への不安感」などが語られています。ということは私たちひとり一人に求められる学問は、自分学であり、人間学であり、人類にとっての哲学です。ここで紹介する新田氏の作品群を読み、新しい思考法への理解を深めることが文明の進化につながるはずです。

日本語・英語版含めて45冊近くのE-book化を進めています。  

  • 新しい時代の幕開け
  • The Dawn of New Age
  • 神の自叙伝
  • 神はすぐ傍
  • Man is Space & God is Time
  • 革命的発想 第一発想
  • Revolutionary idea(PartⅠ)
  • 革命的発想 第二発想
  • Revolutionary idea(PartⅡ)
  • 脱知的文明社会
  • Ex-intelligent civilized society
  • 超格差社会(今何かが起こっている)
  • Super-winding gap society(Something awful is now happening!)
  • 同等社会(これから何かが起こる)
  • Even society(Something good is now happening)
  • 全人類に告ぐ
  • Announcement to men
  • 新・宇宙論(弱い人間原理)  
  • The newly-born theory of Cosmos“A weak anthropic principle”
  • 新・人類論(強い人間論)
  • The newly-born Mankind“A strong anthropic principle”
  • 新経済学原論第1部~第10部  
  • 新経済学実論第1部~第10部 
  • 経世済民学(経済)第1部~第10部 
  • 新・社会論
  • ストップザ・マネー(さらば!拝金主義)
  • Neo‐Sociology
  • 21世紀の経済(世襲・相続のない社会)
  • アメリカ大帝国崩壊
  • The Empire Crash
  • 文明の崩壊 
  • Crash of Civilization
  • 誰でもわかる科学 第一部 (光と暗黒) 第二部 (善と悪) 第三部 (生と死) 
  • Metaphysical Science
  • 哲学の道(日本語版)
  • The road to metaphysical world
  • 豊穣社会(みんなが豊かな社会)第一部豊饒社会・第二部清貧社会 
  • Creative Society For All
  • 素封社会 (みんなが質素な社会)
  • Wealthy Society For All
  • 生死を超える生き方
  • How to go beyond life and death
  • 錯覚から目覚めへ(悪意社会から脱却)
  • Fast-asleep to Awareness (How to get rid of society with malice) 


4.宇宙のしくみに沿った人文じんもん科学書(=人類の進化へ)

新田論の哲学書

Philosophical book of Nitta's thesis

サブタイトル(Subtitle) : 人類の進化へ

To the evolution of mankind

スティーブン・ホーキングが彼の著書「ホ‐キング宇宙を語る」の締め括りで下記のようなことを云っています。

 今日まで、科学者はずっと、宇宙が何であるかを説明する新しい理論の展開に心を奪われていて、なぜと問うことができないでいる。一方、なぜと問うことを商売にしている人たち、つまり哲学者は科学理論の進歩についていけないでいる。十八世紀には、哲学者は科学を含めた人間の知識の全体を自分たちの持ち場と見なし、宇宙にははじまりがあるか、などといった問題を論じたのだった。しかし、十九世紀と二十世紀には、科学は哲学者、いや少数の専門家以外のだれにとっても、あまりにも技術的、数学的になりすぎた。

哲学者は探求範囲を大幅に縮小し、今世紀のもっとも有名な哲学者であるヴィトゲンシュタインが、「哲学に残された唯一の任務は言語の分析である」と言うほどになった。

アリストテレスからカントに至る哲学の偉大な伝統からの、これは何という凋落ぶりだろう。

しかし、もしわれわれが完全な理論を発見すれば、その原理の大筋は少数の科学者だけでなく、あらゆる人にもやがて理解可能となるはずだ。

そのときには、われわれすべてー 哲学者も、科学者も、ただの人たちもーが、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになるだろう。

もしそれに、対する答えが見いだせれば、それは人間の理性の究極的な勝利となるだろう。

なぜなら、そのとき、神の心をわれわれは知るのだから、と・・・・

まさに、

二十一世紀は、

我々ただの人たちが、哲学者から、科学者から、人間と宇宙の問題を議論する主役を取って替わる世紀なのである。

  • (静止)宇宙論
  • The Absolute Cosmos
  • 超対性理論 VOLⅠ
  • The theory of beyond VolⅠ
  • 超対性理論 VOLⅡ
  • The theory of beyond VolⅡ
  • 超対性理論 VOLⅢ
  • The theory of beyond VolⅢ
  • ゼロの世界
  • World of zero
  • 時間に支配されない世界
  • The world controlled by time
  • 2012年宇宙の旅
  • 2012 A Space Odyssey
  • ビッグバン宇宙などない
  • There is neither birth nor beath for our universe
  • シャドー・ユニバース(影宇宙)愛)
  • Shadow Universe
  • 量子力学の陥穽 
  • Quantum's Trap
  • 素数は無限に存在するか
  • The prime number exists infinitely or not
  • 真理 第一部 (事実)真理 第二部 (真実)
  • Truth
  • 地球の意思 
  • Earth's Mind


5.宇宙のしくみに沿った一般書(=小説・評論・詩集・随筆)

新田論の一般書(General book of Nitta's thesis)

サブタイトル(Subtitle) :

小説(Novel)  評論(Criticism)  詩集(Book of verse)  随筆(Essay)

  • (小説)ルノーの妹
  • Renault and Natalie
  • 信長(NOBUNAGA)
  •  NOBUNAGA
  • 新しい日本 Ⅰ
  • The newly-born JapanⅠ
  • 新しい日本 Ⅱ
  • The newly-born Japan Ⅱ
  • 新しい日本 Ⅲ
  • The newly-born Japan Ⅲ
  • (随筆)日本語が壊れていく
  • 鬼神(The Devil)
  • 鬼神(リストア版)
  • 冬子が語る
  • 冬子が語る(リストア版)
  • 鬼神 冬子
  • 短編推理小説「般若」
  • 短編推理小説「般若」(リストア版)
  • ヤングアメリカ
  • 狼が虎になった日 
  • 狼が虎になった日  リストア版
  • チイチイパッパ
  • チイチイパッパ 平成27年版
  • 大和撫子の一生
  • (小説)夢の中の眠り
  • 天狗の梯子 第一部(600年の魂の叫び)
  • 天狗の梯子 第二部
  • 天狗の梯子 第三部
  • 風に乗り、鳥と共に(PART1)
  • 風に乗り、鳥と共に(PART2)
  • ヤマタのオロチ
  • ヤマタのオロチ(リストアー版)
  • 聖徳太子
  • (小説)人間になった鳥
  • ジョニーへの伝言
  • ジョニーへの伝言 28年版あり
  • 五番街のマリー
  • 五番街のマリー 28年版あり
  • 武蔵 漫画もあり
  • 白隠  漫画もあり
  • 天狗
  • Anti-Hero
  • 日本人痴呆化に加担した司馬遼太郎 
  • (小説)果てしない彷徨
  • (小説)鴨川踊り
  • さようなら
  • めぐりあい
  • 気前よくなれ!粋な老人
  • いいかげんにしろ!おろかな(頑迷な)老人
  • 風と雲
  • 現代イソップ物語「あるどぶねずみ一家の物語」
  • その後のどぶねずみ一家
  • 砂漠の嵐(ハムシーン) 第一部
  • 砂漠の嵐(ハムシーン)第二部
  • 支配者たちの森
  • あんた 誰?
  • (詩集) 夕焼けの死1
  • (詩集) 夕焼けの死2
  • (詩集) 夢の中の旅
  • (詩集) 自然の叫び
  • (詩集) 薪の音
  • (詩集) 四季の詩
  • (詩集) 旅
  • (詩集) 旅のこころ
  • (詩集) 恋 歌
  • (詩集) 男と女
  • (詩集) 歌謡集
  • (詩集) 怨歌集(きのこ雲)



発刊済の本の名前を記載すれば即検索OKです。